1.フラット35適合証明

 

トホホ建築設計ジムソは建築設計事務所の立場であることから、建物調査はホーム・インスペクション会社や、既存住宅瑕疵保険検査会社という組織提供のサービスではなく、フラット35適合証明を通じて設計事務所が直接関わることが、依頼者のためになると考えております。

 

何故ならば、会社組織の多くは検査を業務委託しており、お支払いいただけるお金の全ての価値が、提供できているとは言えないからです。当事務所も業務委託で関わりを持っておりますが、直接的に建物や依頼者に関われないことに残念な想いもしております。

 

当事務所は、言わば建物のかかりつけ医になりたいのです。

 

サービスについて

  • フラット35」とは住宅金融支援機構による長期固定金利住宅ローンです。
  • ローン適合する物件かどうかを、現地検査などを通じて行うのが「フラット35適合証明」です。
  • フラット35適合証明は登録された建築士事務所でしか行うことが出来ません。
  • ローンを利用しなくても、検査を通じて状態に関する証明(期限あり)が得られるため、劣化や雨漏り、不具合などないか、建物に対する判断基準が増えます。
  • 建物の状態確認にはフラット35適合証明の他に、ホーム・インスペクションや既存住宅瑕疵保険などのサービスがあります。
  • 最近は、ホーム・インスペクションで調査させてほしいとお願いすると、様々な事情で断られることも多いと聴きますが、ローンのための物件検査であれば理解が得られることが多いようです。
  • また、既存住宅瑕疵保険に加入している物件は安心できると思われますが、築年数が浅いとそこまでの保証が必要と思えないため、なかなか利用に踏み切ることができません。
  • そこで他のサービスに比べ安価に劣化や雨漏り、不具合などの判断基準や証明が得られ、尚且つそのまま建築設計事務所にリフォームなどの相談もできる「フラット35適合証明」をお勧めいたします。
  • 不動産仲介業者さまにて、フラット35適合証明を手配することができますが、より客観的な判断を期待するのであれば、利害関係がない第三者であり、新旧の建物について根拠ある説明を期待できる設計事務所で行うことをお薦めいたします。